『失われた財布と老人』

小さな町に、名も無き老人が住んでいた。彼は毎日のように公園のベンチで時を過ごし、人々の笑顔を眺めていた。

ある日、若者が駆け寄ってきて、彼の前で息を切らして立ち止まった。「財布を失くしてしまったんです。見ませんでしたか?」と焦った様子で尋ねた。

老人はゆっくりと近くのベンチの下を指さし、言った。「そこにありますよ。」

若者は驚き、老人に感謝した。「どうしてそこにあると知っていたんですか?」と聞いた。

老人は微笑みながら言った。「あなたが走り回っているのを見ていました。時々、私たちは何かを探しているとき、近くに答えがあるのに気づかないものです。大切なものは、遠くを探す前に、足元を見ることから始めるといい。」

若者は頷き、深くその言葉を胸に刻んだ。

この物語は、我々が解決を求めて遠くを探してしまうことが多い現代において、答えや大切なものは身近にあることを示しています。日常の忙しさや焦りの中で、大切なものや人を見失ってしまうことがあるかもしれませんが、時には立ち止まり、目の前のシンプルなことに気づくことが大切だという教えを持つ物語です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました