なんでコロナワクチン接種者の陽性者数が未接種者より増えたらおかしいの?

ちょっと前から、『コロナワクチンを接種している方がコロナに感染してるやん!』という風に、嘲笑うかのように言ってる人をみかけます。

そもそも、コロナワクチンは感染予防じゃなくて、発症や重症化を防ぐためじゃないの?

たまーに、アホな政治家が『ワクチンでコロナの感染予防ができます!』なんて言っちゃう人もいるようですが、お医者さんは普通に『重症化を防ぎます』と言っているし、厚生労働省のウェブサイトでも記載されていますよね。

で、陽性者の割合についてですけど、コロナワクチンの接種者の方が未接種者より多いなら、コロナワクチン接種者の方が感染者が多くなるのは当たり前ですよね。

小学生レベルの算数で分かることと思うけど…。

日本の学力低下はすごいねー。

なんというか…、もう少し脳を使いましょう。

別に私はワクチン支持者ではないです。

過去にアメリカ政府が黒人に対して梅毒の実験を行っていることから(1997年だったかに、クリントン元大統領が公式に謝罪)、どちらかというと接種には慎重です。3度目は打っていないしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました